気にしすぎ?

気になるおすすめ商品や電車マナーを考えます!

電車の席を譲るのをためらう時

スポンサーリンク

電車の座席を譲るのをためらう時 

電車で座っている時、「自分より明らかに席を必要としていそうな人」には席を譲りたいですが、「席を譲るのをためらう時」があります。

思いやりが欠けてますが、正直なことを書きます。

ハイヒールを履いてる乳幼児連れの女性

ハイヒールを履いている乳幼児連れの女性には、席を譲るのをためらいます。

ちなみに乳児は生後0日から1歳未満、幼児は1歳から小学校就学までの子供のことを言います。

普段なら、乳幼児を連れている女性には積極的に席を譲ります。(女性に限らず男性にも譲りたいと思っています) 

なぜ席を譲るかといえば、乳幼児を抱っこしたり、おむつや飲み物などの荷物で重たくなったり、あるいは走り回ったりする子供と出かけると疲れるからです。 

しかし、乳幼児連れの女性がハイヒールを履いていると、もしかして元気なのかな? 元気なら席を譲らなくてもいいかな? と席を譲るのをためらいます。

少しでも疲れたくないと思っているなら、ハイヒールではなく平らな靴を履くはずだからです。

スポーツウエアやハイキングファッションのお年寄りの人

スポーティーな格好をしているお年寄りには、席を譲るのをためらいます。

お年寄りと言っていい年齢かどうか、普段なら悩みつつ席を譲る人が、スポーツウエアやアクティブな服装をしていると、まだまだ元気なのかな?と思い、元気なら席を譲らなくてもいいかな?とためらいます。 

そんな人ほど疲れている?

実際に上記に挙げた人たちは、他の多くの乳幼児連れ・お年寄りよりは、体力があるのかもしれませんが、冷静に考えると、

  • 乳幼児連れ+ハイヒール
  • お年寄り+ハイキング

となれば、普段より疲れているのは間違いありません。

普段より疲れているとなれば、他の多くの乳幼児連れ・お年寄りと同じくらいには疲れているはずです。

また、本当はハイヒールを履きたくないかもしれません。

  • 仕方なく用事の為に履かなければならなかった
  • 歩きやすい靴に履き替えたいけど、荷物が増えて重たくなるのでできない(靴と服装が合わなくなり、着替えも必要になる)

等の理由があるかもしれません。

また、もしかしたら、いつもは出かけないお年寄りが、初めてハイキングにチャレンジしたかもしれません。

そうなれば、そういう人ほど疲れているので、席を譲るべきです。

ためらわず、席を譲りたい

私が席を譲るのをためらっている相手は、実際、本当に元気でそれほど席に座りたいと思ってないかもしれません。

でももし相手が席を必要としていたら? 私は席を譲りたいです。

もし乳幼児連れの女性が平らな靴を履いていたら? お年寄りが普段着を着ていたら? 私は席を譲りたいと思う相手なのです。

今後は見た目にとらわれず、ひねくれた考えを止め、ためらわずに席を譲りたいです。

最後に

健康な私でも混雑した電車に乗る時は、座れないことを想定して、歩きやすい靴を履き、手が空くリュックを選びます。

お節介かもしれませんが、お年寄りや乳幼児連れの人には、できるだけ歩きやすい靴を履き、手が空く軽いカバンを持つなどして、体力の消費を抑えて自分の体を思いやってくれたら嬉しいです。

私は積極的に席を譲ると言いつつも、なるべく席に座り続けたいので、つい相手に譲らない理由を考えていたようです。

もっと素直に席を譲れるようになりたいです。

 

▼関連記事  

rakuski-diary.hatenablog.com

 

rakuski-diary.hatenablog.com

 

rakuski-diary.hatenablog.com

 

rakuski-diary.hatenablog.com