気にしすぎ?

気になるおすすめ商品や電車マナーを考えます!

満員電車のストレス|暗黙のルール「視線の向き」に逆らう人

スポンサーリンク

電車で目が合うと気まずい

電車内で見知らぬ人と目が合うのは嫌ですか?
見知らぬ人と対面して密着するのは嫌ですか?
私は嫌です!

今回は、電車内の暗黙のルール「視線の向き」について書きます。 

電車の暗黙のルール「視線(体)の向き」とは?

満員電車で目線が合わないように立つマナールール

電車内には「視線(体)の向き」の暗黙のルールがあると思います。
それは上の画像ように、視線が交わらないような向きで立つことです。

視線の向きを無視して、対面してしまうと、目が合い気まずく、満員時には体の前面が密着して不快ですよね。 
それらを防ぐ為に暗黙のルール「視線の向き」が出来たのだと思います。

全員の視線が交わらないようにするのは一見難しそうですが、身動きが取れない満員電車でも、体を斜めにずらしたり、横を向いたり、回転させたりして、多くの人が協力し、対面することを避けていると感じます。

しかし、「視線の向き」を全く考えない人もいます。

満員電車のドアに背中をつけて立つ人に遭遇

満員電車でドアの前に立ちよりかかる迷惑行為

帰宅ラッシュの電車内で、ドアに寄りかかって立つ20歳くらいの男性に遭いました。(以下、ドア男と呼びます)上の画像のような状況ですが、実際はもっと混雑していました。

ドア男が乗ってきた時の電車内には、まだ少し空きがありましたが、大きな駅を過ぎいよいよ満員になってきました。

しかし、ドア男はドアに背中をつけたまま、混雑してる電車内を眺めています。

その時、私はドア男と目が合いゾッとしました。ドア男がニヤけたのです。(勘違いの可能性もあり)

ドア男は確実に、車内が混雑して自分の周りに人が詰まってきていることに気付いています。

周りの人は、ドア男と対面している為、スペースを詰めようにも詰められません。満員電車の割に、ドア男の周りは、スペースを保っています。

ドア男がドアの方に向いてくれれば、混雑が少しは和らぐのに……。私を含め、おそらく周りの誰もが心の中でつぶやきました。 

なぜ電車の「視線の向き」に逆らうのか?

普通は視線がぶつかり、落ち着かないはずです。なぜその男性は、満員電車でドアに背中をつけたまま、周囲を眺めていられたのでしょうか?

理由を考えてみました。

  1. ドアに背中をつけて揺れないようにしていた
  2. もうすぐ降りるので準備をしていた(降りる駅は反対のドアが開く)
  3. 「視線の向き」に逆らうのが快感
  4. わざと周囲の人を近寄らせないようにしていた(スペース確保)
  5. 痴漢対策(スペース確保、目を見て威嚇)
  6. 対面した人と密着したい(痴漢行為)

私が見た感じ、ドア男性は「1・3・4」の理由でやっているように感じました。

上記の理由1~6についてですが、

  1. ドアに背中をつけて揺れないようにしていた → 理解できます。つかまる場所がないときは、背中をつけると揺れ防止できます。
  2. もうすぐ降りるので準備をしていた(降りる駅は反対のドアが開く) → 降りる1駅前から準備すれば間に合うと思います。ドア男はなかなか降りませんでした。
  3. 「視線の向き」に逆らうのが快感 → 変人です。ドア男は周りを見ながらニヤけていました。
  4. わざと周囲の人を近寄らせないようにしていた(スペース確保) → 健康な人ならずるいです。電車内では皆で協力して詰めるのが理想です。
  5. 痴漢対策(スペース確保、目を見て威嚇)  → 自分の死角を作らないことで、痴漢被害を防げるかもしれません。ただし体が密着するほどの満員電車の場合は、自分の向きに関係なく危険だと思うので、他の対策が必要です。 
  6. 対面した人と密着したい(痴漢行為) → 悪質な場合、寝たふりをして、キスをしようとする痴漢がいるそうです。

もしかしたら、ドア男には体力がなく、辛くて仕方なくドアにもたれかかっていた可能性もあり、本当のところは分かりません。

不快な人に遭遇したときの対処法

変な人に出会ったら、迷わず場所を移動する!

これが全てです。満員電車内の移動は体力を使いますが、我慢するよりはマシな場合が多いはずです。

ドア男のように、対面してしまった時は、自分が反対か横を向けば解決する場合もあります。「視線の向き」を気にしている人は多い人と思うので、きっと周囲の人も協力して体の向きを調整してくれると思います。

ドア男のニヤケ顔を思い出すと気味が悪く、悪者のように書いてしまいましたが、本当のところは分かりません。

しかし違和感を感じたらなるべくその場から逃げましょう!

ただし、ドアに寄りかかっているのが高齢者や子どもや、ヘルプマークなどをつけている人の場合は、何とかして自分がガードしなくては、と思います。

さいごに。気にしすぎ?

気にしすぎでしょうか?  満員電車のマナーはたくさんありますが、「視線(体)の向き」は暗黙のルールだと思っています。

全く気にしない人もいるのでしょうか?

満員電車は嫌なことが多いので、少しでも嫌なことは我慢せずに、すぐに場所を移動するのが良いと思います!

そして、できれば満員電車に乗らない暮らしを目指したいものです。