気にしすぎ?

気になるおすすめ商品や電車マナーを考えます!

満員電車の恐怖体験|テイクアウトのコーヒーを持ち込む人

スポンサーリンク

満員電車の恐怖体験

満員電車に乗ると、いろんな恐怖体験をします。 

今回は、テイクアウトしたコーヒーを片手に、満員電車に乗り込んできた人の話です。

密封できない飲み物(テイクアウトドリンクや缶など)を、満員電車に持ち込むのは危険です! 

コーヒーを片手に満員電車に乗る人

満員電車でコーヒーを持ち込んで飲食する迷惑行為

あの日は通勤ラッシュでした。

涼しい顔をした20歳くらいの青年が電車に乗ってきました。

 

その手にはなんと、コーヒーが!!

 

コーヒーはプラスチック容器に入っていて、ストローが刺してあります。

一応フタはありますが、完全に封ができない飲み物を満員電車に持ち込むとは……。

 

ただでさえ満員電車は大変なのに、カップにぶつかってコーヒーがこぼれたら最悪です。

 

満員電車でドリンクは危険

満員電車でドリンクが危険な理由は、

  • ストローや飲み口が当たって衣服が汚れる
  • 中身がこぼれる
  • 容器の周りの水滴が付着する

等の可能性があるからです。

 

また、周囲の人たちは、上記のような状況を回避するために、頑張らないとなりません。

 

ドリンクを持っている人にぶつからないように、電車内の人の波を止めようと踏ん張って耐えるのは、とても体力を消耗します。

 

満員電車でドリンク(飲食)は危険

満員電車では、完全に封ができないドリンクは持ち込まないで欲しいです!

  • ストローを挿すアイスコーヒー用のカップ

  • ホットコーヒー用の蓋つきカップ

等、どれも危険です。

 

満員電車に持ち込むなら、完全に密封できるペットボトルや水筒が良いです。

 

喉が渇いた場合は、できれば席に座れた時に、ペットボトルか水筒の飲料を飲むのが理想です。

 

きっと私が出会った人は、テイクアウトコーヒーを飲み切れず、仕方なく電車内に持ち込んだのかもしれませんが、迷惑でした。

 

どうしても満員電車に乗る前にコーヒーが飲みたいなら、飲み切ってから電車に乗るか、目的地に着いてから、コーヒーを買って欲しいです。

 

さらに迷惑な酔っ払い缶チューハイ男

朝の満員電車のテイクアウトコーヒーも危険ですが、 夜の酔っ払いの缶チューハイは更に怖ろしいです。

 

あの日は、20時頃だったでしょうか。

全席が埋まり、席の前にも人が立っている程度に混雑していました。

 

そこへ、30代くらいの男性が缶チューハイ片手に電車に乗ってきました!

 

その男性は完璧に酔っぱらいです。

なんと、私の前に来て、つり革につかまり、前後に揺れ始めたのです……。

 

缶チューハイを飲みながらは、危険すぎます!

いつ中身がこばれるか、ヒヤヒヤです。

 

さらに、その酔っ払いは、隣の見ず知らずの人に「ごめんね~」と話しかけています。

 

怖ろしい!

私は絶対に絡まれたくないので、次の駅で場所を移動しました。

 

ドリンク持ち込みの改善策

満員電車で飲食をする悪いマナーの男性

長年、満員電車に乗ってきましたが、満員電車はいつだって怖いです。

朝のテイクアウトコーヒーも、夜の酔っ払いの缶チューハイも怖かったです。

 

改善策は?

もし近くにドリンクを持ち込んでいる人がいたら、なるべく早くその場を離れることです!

 

もし満員で身動きが取れない場合は、次の駅まで我慢して、人の動きに合わせて場所を移動します。

 

本当なら、「通勤ラッシュ・帰宅ラッシュ時の電車内は、飲食禁止」というルールができて欲しいくらいです。

 

あるいは、「電車内・構内アナウンスで、飲食マナーについて注意を促す」などすれば、混雑時の電車内でのドリンク持ち込みが減りそうです。

 

現状では、電車内では危険を素早く察知して、その場からすぐに離れるのが最善策だと思います!