ラクスキーの気にしすぎ

はてなブログ運営や電車マナーを考えます

電車内でヘルプマークを身に着けている人に初めて席を代わった話

スポンサーリンク

満員電車内でヘルプマークを身に着けている人に座席を譲る

 

電車内でヘルプマークを身につけてる人が立っていたので、座っていた私は声をかけて席を代わりました。

 

電車内でヘルプマークをつけてる人に出会たのは初めてです。

 

 

ヘルプマークを身につけている人を発見

2019年12月、21時頃だったと思います。

 

東京都内の地下鉄の混雑気味の電車内で、ヘルプマークをつけている人を見つけました。

 

その人は、

  • 40歳くらいの女性
  • つり革につかまって立っていた
  • ヘルプマークをショルダーバッグにつけていた
  • 黒いカバン・黒い服装(ヘルプマークが目立つ)
  • ヘルプマークは正面に座っている人には見えにくい位置についていた
  • 40歳くらいの男性と一緒に居た
  • ヘルプマークをつけている理由は外見からは分からない

という人でした。

 

混雑状況

電車の座席は全て埋まり、全ての座席の前に人が立っていました。

 

お互いの位置

私はシートの中央付近に座り、ヘルプマークをつけている人は、私の向かいのシートの前に立っていました。

 

声のかけ方

私は席を立って、ヘルプマークをつけている人の後ろに立ち、

 

すみません。よかったら席に座ってください」と声をかけました。

 

声をかけた時の相手の反応

ヘルプマークをつけている人は、私が後ろから声をかけると、一瞬驚いたようでしたが、軽くほほえみながら会釈をして、私の座っていた席に移動して座ってくれました。

 

その人と一緒に居た男性も、私に会釈をしました。

 

声をかけた時の周囲の反応

私は電車が動き始めてから席を立ちました。


周囲の人は私が席を立ったのを不思議に思ったのか、私が立った席にすぐに座ろうとせず、私の行動を観察していたように感じました。


そのお陰で、ヘルプマークをつけてる方に席を譲ることができました。

 

声をかけた時の私の状況

声をかけた時、私は30分座り続け、あと2駅で降りるという状況でした。

 

その日の私は運よく早めに座ることができ、30分座っていていました。電車内が暖かくて、少しぼんやりしていたと思います。

 

あと2~3駅後に電車を降りるという時に、私は顔を上げて周りを見渡し、今が何駅か確認しました。

 

その際に、ヘルプマークをつけている人に気が付きました。

 

私の正面に立っている人の隙間から、奥に立っている人が身に着けている赤いヘルプマークがはっきりと見えました。

 

私は、すぐにヘルプマークをつている人に声をかけました。

 

ヘルプマークに気付けるかどうかが大事

立っていることがつらいかどうか、外見からは分からない人の場合、ヘルプマークや何らかのマークを身に着けていれば席をゆずりやすくなります。

 

ただし、マークに気が付くことができないと、声をかけて席を代わることができません。

 

マークに気付くためには、とにかく目を光らせることです。

 

特に混雑した電車内では、マークに気付くのは難しい場合が多いです。

 

特に自分が座っている時は、各駅で自分の周りの人が入れ替わる度に、ヘルプマークをつけている人はいないかどうか、確認する必要があります。(もちろんヘルプマークに限らず席をゆずるべき人、皆です)

 

疲れている時に席を代われるか? 

今回私がヘルプマークを見つけたのは、長時間座って元気だった時です。

 

もし私が席に座った直後にヘルプマークを見つけていたら?

 

私はあと40分間電車に乗らなければいけませんが、すぐに席を代われたでしょうか?

 

代われたと言いきりたいですが、はっきりと断言する自信がないです。

 

元気な時は積極的に席を代わりますが、問題は疲れている時

 

疲れている時や眠たいときは、周りを見る余裕がなくなります。

 

「あと1駅で降りるから、声をかけるのはやめよう」と席を代わらなかったことが何度かあります。

 

しかしこれは良くないです。

 

いつでも席を代われる人になる「思いやりマーク」

いつでも席を代われるようになる解決方法を考えました。

 

疲れている時でも思いやりを忘れないために、「思いやりマーク」のキーホルダーをカバンにつけることです!

 

思いやりがなくなりそうになった時に、「思いやりマーク」を見れば、自分を律することができる気がします。

 

さらに、「思いやりマーク」を付けることで、立っていることがつらい人たちが、私に声をかけやすくなれば良いと思います。

 

声をかけるのは難しくても、「思いやりマーク」に気付いて、私の近くに来てくれれば、私が相手のマーク等に気が付き、声をかけて席を代わりやすくなります。

 

今は実現できるように「思いやりマーク」のデザインを考え中です。

 

 

 

▼関連記事 

 

rakuski-diary.hatenablog.com

 

 

rakuski-diary.hatenablog.com

 

 

rakuski-diary.hatenablog.com

 

 

rakuski-diary.hatenablog.com

 

 

rakuski-diary.hatenablog.com